胸を大きくできる豊胸|自分のボディに自信が持てる

何故硬くなるのか

レディ

時間も短く、ダウンタイムがほとんどないとしてヒアルロン酸注入を使った豊胸が頻繁に行なわれていますが、術後に触り心地が硬いと気づくケースが多発しています。理由としては、ヒアルロン酸の粒子が大きいこと、注入場所によって硬さに違いが出てくること、そして体が全体的に細い人等が挙げられます。最初に挙げたヒアルロン酸の粒ですが、化粧品に使われるものよりも若干硬めになっており、注入した後胸が小さくなるといったデメリットを与えないためだといわれています。ヒアルロン酸注入後に胸が硬くなるのは、持続性を意識したからでしょう。そうすると、体内に吸収されにくくなるため何度も打つ必要がなくなります。また、顔に使われるヒアルロン酸にくらべ、豊胸専用は粒の大きさが10倍程と言われており、大きくなればそれだけ硬さが増していくことになります。当然、触り心地も悪くなるでしょう。長期間、大きなバストを維持したいなら、硬さを我慢するしか方法はありません。近年は、硬さを与えず大きさをキープできるものがありますから、大手美容外科に話を聞いてみましょう。

豊胸のためにヒアルロン酸えを注入すると、場所によって硬さに違いが出てくることがあります。この変化は、乳腺下と大胸筋下に現れることが多く、皮膚のすぐ下だと硬さがより目立つことになります。注入する箇所は医者の判断で異なりますからからカウンセリングの時に胸の柔らかさと持続性の希望を細かく伝える必要が出てくるでしょう。もともと胸が小さい人は、乳腺下に注入することが多くなるので普通の人より硬さを実感することが多くなります。改善策としては様子を見てみること、マッサージを定期的に行なうことです。また豊胸後は、ヒアルロン酸が硬くなりやすく違和感がありますが数日したら馴染んできます。